JTCのファクタリング factoring

ファクタリング専門会社JTCの特徴

JTCでは2種類の入金前払いシステムをご用意しております

 一般的なファクタリングでは、契約する際に、取引企業(売掛先)に売掛金を売却(譲渡)することを承諾していただくか、取引企業(売掛先)に売却(譲渡)した旨を通知する必要がございます。
 しかし、中堅以上の大手といわれる会社はファクタリングを中々容認してくれず、また、承諾を求めることが取引先からの信用の低下につながると恐れ敬遠されているのが現状です。
 そこで、弊社のファクタリング(入金前払システム)では取引企業に対し通知をせずに行うことも可能となりました。

サービスご利用の流れ
SERVICE

入金前払いシステム
入金前払いシステム
入金前払いシステム
入金前払いシステム
入金前払いシステム
入金前払いシステム
入金前払いシステム
入金前払いシステム

ファクタリングと融資の違いって?

 売掛金を利用して資金調達をする場合、売掛債権を担保にお金を借りる売掛債権担保融資と、売掛債権を売却してその代金で資金を得るファクタリングがあります。

この2つの大きな違いが『借りる融資』『売るファクタリング』です。

現在、ノンバンクで行う融資のほとんどが、この売掛債権担保融資となります。

 融資の場合ですと、主に御社の信用情報、担保評価、返済金額及び期間等を考慮し融資金額が決まるので、審査に多少のお時間を要するのに加えて、高額の融資はハードルが高くなってしまいがちです。

 また、信用情報機関に御社の信用情報が記録されてしまいますので、銀行融資を受ける際に審査が通りずらくなってしまうというデメリットもございます。

 一方ファクタリングの場合ですと、売掛債権を評価し買取いたしますので、売掛債権を最大限活用でき、貸金業務と違い信用情報機関に記録されることはございませんので、銀行融資に影響が出ることもございません。

融資
(売掛債権担保融資)
ファクタリング
形式 売掛金の担保による
金銭の貸借
売掛債権の売買
手数料
(金利)
年15%以下
(100万円以上の場合)
買取金額の2%~
信用情報に
ついて
指定信用情報機関の
信用情報に記録されます。
ファクタリングを利用しても
信用情報に記録されません。
金額 担保の評価及び、
会社の信用力により変動
(主に300万円程度まで)
売掛金の範囲内であれば
高額取引も可能
リスク 売掛先が破綻しても
(担保の価値がなくなっても)
借入金の返済は必要です。
売掛先が破綻した時の責任を負わない。
売却した債権の保証は不要のため売掛先が
破綻しても、その責任を負う必要ありません。
実行期間 1週間程度 最短1日~

弊社のファクタリングは、売掛債権を買い戻していただく必要はありません

 売掛金を担保に資金を借りた場合(売掛担保融資)では、万が一取引先が倒産した場合でも借入金は当然返済しなくてはいけません。 しかし、弊社のファクタリング(入金前払システム)では融資とは違い、売掛債権を買い取りいたしますので、万が一売掛先が倒産した場合でも売却した売掛債権を買い戻していただく必要はありません。
 よって、JTCより買取代金として支払いを受けたものを、取引先の倒産によって、もう一度返金する必要もございません。
 売掛先の破綻リスクは弊社が負担いたしますのでキャッシュフローが改善されると同時に破綻リスクも回避できます。

一度のご利用でも、繰り返しのご利用も可能


買取させていただいた売掛金が入金された時点で、決済していただきますが、その後も御社の売掛金が繰り返し発生される場合、継続してご利用が可能です。