JTCのファクタリング factoring

事例紹介

Cace 1 自動車部品製造業[支払日1日前に調達出来ました。]

一時に比べて受注が減り売上も下がっても何とかいままでやってきたが、ようやく大型の受注が入りこれからと云うときに今までの経営不振の影響もあり材料仕入代金が不足に…。


Cace 2 運送業[消費税の納付期限が3日後に]

消費税の納付期限が3日後に迫り現在納税資金が不足に…。納税後銀行融資にて資金調達の予定があるのだけど滞納状況では融資実行は厳しいし延滞税の負担も大きい…


Cace 3 建設業[条件変更中で融資ダメだった]

現場でのトラブルのため工事納期がずれたため入金もずれることに。他にも現場を抱えており、経費が不足。さらに給料支払いも不足。社員の給料を遅らすわけにもいかず、現場の経費の支払もどうしてもしないとこっちの現場もずれてしまう。銀行融資は現在条件変更中のため受けられずノンバンクのビジネスローンでは金額が足りない。


Cace 4 食品加工業[土日対応で「ほんまに助かりましたわ」]

原料の高騰により資金繰りが圧迫。そんな中繁忙期に向けて大量に仕入れ資金が必要のため銀行での資金調達をしようと話を進めていたが融資は断られ、期待していただけに急にまとまった資金が必要に。各方面で打診はしたが見込は薄い状況。


Cace 5 運送業[遠くの親戚よりも近くのJTC]

資金繰りが悪化しながらも何とかこれまでやってこれたが社会保険の滞納を続け気が付いたらかなりの額に…社会保険事務所がしびれを切らし、滞納分の納付を迫られ、このままいくと差押えすると言われ、一部はご自身で工面して用意できたもの、まだまだ不足。親族に支援をお願いしたが断られ、まとまった資金が必要だが都合もつけられず八方ふさがりの状態。